コトバノチカラ

心と身体に想いを伝える・・・そんな言葉の不思議なチカラ

うるう

  1. 2012/02/29(水) 11:05:39_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
「閏(うるう)」 という字は文字通り
王が門の中に閉じこもり
暦からはみ出した日には
政務を執らないことに
由来したものだそうです。

2月29日という響きに
ちょっぴり違和感を覚えるのですが
今日もふつうに世の中は動いていますね・・・

どこかの王様は
休養をたっぷりとって
春の訪れにそなえているはずです(*^_^*)

スポンサーサイト

取り戻せるものなら・・・

  1. 2012/02/24(金) 11:03:44_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
自宅ではまきで風呂をわかし、こたつは炭だった。
仮設住宅では何事にも電気を使う。
電気こたつも初めて使った。
コメも野菜も買わなければならない。
ここでの暮らしはカネがかかる。

福島県飯舘村 農業 花井文雄さん(70歳)
朝日新聞 「いま伝えたい 千人の声」


お金を持っていること
お金が使えることに
喜びを感じる自分が不気味に怖くなりました。


微力な私には 想いを重ねることさえできない現実が
そこにはまだまだ続いています。

そこでは
変わることを恐れていては前に進めないのかもしれません。
新しいことに目を背けていては生きていけないのかもしれません。
切なる想いを閉ざし 流れに身を委ねることしかできないとしても。

切なる想いの大きさは はかりしれません。
亡くなったひと 失ったモノ 傷めつけられた思い。
ひとつでも すこしでも 取り戻せるものがあるなら 取り戻してほしい。
そう願うばかりです。

春の息吹

  1. 2012/02/23(木) 13:10:39_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
雨が上がり
まぶしい光に目を細めた瞬間
やさしくあたたかい
春の息吹を感じました。

何一つ変わることのない思いを抱き
何一つとどまることのない歩みとともに
季節はめぐっていくのですね。。。


無名の幸せ

  1. 2012/02/22(水) 10:23:21_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0

人は人の関係のなかでしか成長しない

宮川光治(最高裁判事)


光市母子殺害事件の上告審が結審された際の
唯一判決に反対意見を述べた判事の言葉です。
被告の生い立ちや極々限られた人との接触しか許されない
13年間の拘置生活を鑑みた上での反対意見。
重みのある言葉でした。


そして


帰らぬものは多すぎるが、本村さんが残したものも多い。
後半生で「無名の幸せ」を取り戻してほしい。

朝日新聞 「天声人語」 2012.02.21 より


決して癒えることのないであろう傷を背負いながらも
穏やかで温かい光のあたる安らかな日々を送られることを
お祈りいたします。

光の方向

  1. 2012/02/21(火) 00:32:07_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
大地にしっかり根をはって、日々水や栄養を与えて
光の方向に思いを持ってしっかりと成長していきたい。



あるお世話になっている方のブログに述べられていた言葉です。
なんだか背筋がピンと伸びるような気がしました。

「光の方向に思いをもって」

お気に入りのフレーズになりそうです。
ありがとうございます。

フラ

  1. 2012/02/19(日) 10:38:18_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
フラというのは落語界の用語で、どこともいえないおかしさをいう。
天分のようなものだから、稽古で得られるものではない。
うまさとも別で、フラがあるから名人になれるとも言えないが
芸人の素質にかかわる褒め言葉である。

志ん生一代〈上〉 結城昌治


先日 笑福亭鶴瓶さんが言っていました。

・・・6代目中村勘九郎にはフラがある

偉大な父親である勘三郎の後を継いだ彼の重圧を慮りつつ
それに負けない伸びやかな彼の未知なる才能を見抜いての
やさしい言葉でした。


時代を超えたメッセージ

  1. 2012/02/17(金) 14:39:19_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
ほんの一瞬でも、お互いの立場から世界を見ることができれば奇跡が起こるだろう

『ソロー語録』 岩政伸治編訳


「森の生活」を書いた米国の随筆家ソローは忘れがたい言葉を多く残した。
とかく自分の立場にこだわりがちな人間への、時代を超えたメッセージと読める。

朝日新聞 「天声人語」 2012.02.10 より

伝えたいと思う気持ち

  1. 2012/02/15(水) 23:31:11_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
伝える方法は何でもいい。
大切なのは、伝えたいと思う気持ちだから。

太田辰郎

静岡県でサーフショップを営む現役サーファーの方です。
耳がご不自由なのですが、筆談、口話、手話、身振りなど
静かにでも見た目はにぎやかにコミュニケーションをとられる
日常の様子が描かれた「珈琲とエンピツ」という映画が
各地で上映されているそうです。

朝日新聞 「ひと」 2012.02.09 より

 想

  1. 2012/02/14(火) 09:23:00_
  2. コトバのチカラ
  3. _ comment:0
我 想 你 (ウォ シャン ニー)


中国の人がよく使う言葉です。
日本語に訳すと

「会いたい」?
「あなたのことを考えている」?
「忘れない」?

どれも合っているようで なんとなく違うようで・・・

英語にも
I miss you.
という言葉がありますが それとも少しちがう。


ステキな言葉です。


ちいさな島

  1. 2012/02/13(月) 09:30:23_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
飛行機を降りた瞬間
やわらかい空気のやさしさを感じました。
雨が降っていたからでしょうか。

ここは
ちょっと臆病で素直に自分の気持ちを表すことのできない人たちの多く住む
やさしい水と空気に囲まれた小さな島です。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

« 2012 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

FC2Ad

▲PAGETOP