コトバノチカラ

心と身体に想いを伝える・・・そんな言葉の不思議なチカラ

Blue moon

  1. 2012/08/31(金) 20:24:34_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
Blue moon
Now I'm no longer alone
Without a dream in my heart
Without a love of my own

Lorenz Hart&Richard Rodgers


今夜は Blue moon の日。
ひと月に2度、満月が出るときの
2回目の満月をこう呼ぶのだそうです。

8月2日の夜が First moon
そして今夜が Blue moon

数年に1回という めったにないことで
見ると幸せになれるのだそうです。
おやすみの前にそっと覗いてみてください。
今夜はいい風です・・・

スポンサーサイト

チカラに替えて

  1. 2012/08/28(火) 11:04:07_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。

悲しみがあるからこそ、高く舞い上がれるのだ。

逆境があるからこそ、私は走れるのだ。

涙があるからこそ、私は前へ進めるのだ。


マハトマ・ガンジー


束縛、悲しみ、逆境、涙
すべてをチカラに替えることができる。
それが人間の強さなのかもしれません。

ジェットコースター

  1. 2012/08/27(月) 15:01:33_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
どうせ一度の人生なら
ハラハラ ドキドキ
ジェットコースターのように
上がったり下がったり
ものすごいスピードで
走り抜けるときがあってもいい。

どんなにハラハラ ドキドキしても
最後は あぁ~ たのしかった ♪♪ 
と思えれば それでいいような気がする。


大事な人

  1. 2012/08/19(日) 18:29:07_
  2. 心のコトバ
  3. _ comment:0
話したいことが話せる
会いたいときに会える

そんな人が必要で
そんな人を大事にしたい。

そして
だれかのそんな人でありたい。

正直に 誠実に。

今からの5年後

  1. 2012/08/16(木) 23:20:48_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
「今、きれいでいよう」とすることが

「五年後のきれい」のはじまり。

中山庸子




すべては今の積み重ね。
5年後を想いながら、今を大事に。

僕の価値

  1. 2012/08/13(月) 10:08:11_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0

金メダルが僕の人生の価値じゃない。
これからの人生が僕の価値。
恥じないように生きていこうと思う。


村田諒太
ロンドンオリンピック ボクシングミドル級 金メダリスト




未来を描く

  1. 2012/08/10(金) 15:46:17_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
自分が望む未来を
毎日、思い描きなさい。

Wilferd Arlan Peterson


5年後、10年後・・・
明るくカラフルに 動きのあるシーンを描く。

心の居場所

  1. 2012/08/07(火) 11:26:38_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
今日から逃れられないのに
心は昨日へ行きたがる
そわそわ明日へも行きたがる
今日は仮の宿なのだろうか

ここから逃れられないのに
心はここから出て行きたがる
どこか違う所へ行きたがる
行けばそこもここになるのに

宇宙の大洋に漂う
小さな小さなプランクトン
自分の居場所も分からずに
心はうろうろおろおろ迷子です。

谷川俊太郎 
朝日新聞 8月の詩 2012.08.07

自由の涼風

  1. 2012/08/06(月) 11:37:23_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
暑さがなければ涼しさはない。

窮屈な羈絆(きはん)の暑さのない所には
自由の涼しさもあるはずはない。

一日汗水たらして働いた後にのみ
浴後の涼味の真諦(しんたい)が味わわれ、

義理人情で苦しんだ人にのみ
自由の涼風が訪れるのである。

「涼味数題」 寺田寅彦



寺田先生は最後のほうで
こんなことも綴っておられました。

  1. 2012/08/05(日) 23:22:33_
  2. コトバの贈り物
  3. _ comment:0
「涼味数題」という随筆を、
物理学者の寺田寅彦が書いていた。

「涼しさは瞬間の感覚である。
 持続すれば寒さに変わってしまう」


と、言い得て妙だ。

寅彦先生はこうも言う。

「義理人情の着物を脱ぎすて、
 毀誉褒貶の圏外へ飛び出せば
 この世は涼しいにちがいない」


処世術を忘れ
「いい人」をやめて
風に吹かれるにかぎる。
遠くを眺めながら。


朝日新聞 「天声人語」 2012.08.04 より


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

« 2012 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2Ad

▲PAGETOP